日本郵便サービス改悪

ご無沙汰しております。

本日封書を送るために郵便局に行ったんですが、窓口に出したところで職員の方から「お届けは週明けになります」と言われて目が点になりました。

木曜日に出した郵便物の配達が月曜日ってどういうこと?

あまりに不思議なことを言われたので、一体どういうことなのか聞いてみると、働き方改革(アホか)とやらで配達日数がいままでのプラス1日になり、なおかつ昨年の10月から土曜日の配達もしなくなったとのこと・・・・。

そのため、これまでなら明日(金曜日)配達だったのに、プラス1日で土曜日、ところがその土曜日は配達をやめたので日曜日と併せて休みになり・・・結果月曜日の配達という・・・。

ヤマト運輸や佐川急便が頑張ってるのに対し、日本郵便の傲慢さときたら恐ろしいものがあります。あれだけ無駄な人員を雇っておきながら働き方改革とか笑うしかありません。

というわけで、今後郵便はヤマト運輸の宅急便とクロネコメール便を利用し、どうしても避けられないときだけ日本郵便といった感じで、極力日本郵便を使わないようにします。

なんせ水曜日にポストに投函した場合、それが回収の時間の後だったら配達が月曜日になるという、とんでもない遅配業者ですからね(苦笑)

ちなみに日本郵便が直営する全国約2万の郵便局のうち、約4600局は局長など従業員らから物件を借りているという、なにやら怪しい臭いがプンプンしてることも日本郵便を利用したくない理由のひとつです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク