改めて接客の難しさを知る・・・

相変わらずチョコチョコとお客様はいらっしゃるものの、なかなかその先に進みません。

みなさん直接来店のためか、賃貸も購入希望もお探しの地域が近隣の学校の学区内といった感じで、探すのは楽なんですが物件数が少なくて困ってます。

そんな感じで毎日レインズやアットホームとにらめっこしながら営業しておりますが、本日はご来店されたお客様を憤慨させるという、サービス業にあるまじき行いをしてしまいました。

パッと見は大学生くらいの若い女性のお客様と、その母親らしきお客様の二名でいらっしゃいまして、若い女性のお客様から「注文住宅を建てるための土地もしくは建売りを探してるんですが」と言われたので受付カードのご記入をお願いしたところ、名前、生年月日、住所、電話番号しか書いてもらえません・・・・。

仕方がないので直接聞こうとトークを開始。

希望エリアは? 予算はどれくらい? お勤めされてますか? 勤続年数は?

と、まぁ質問をしながら受付カードを埋めていたんですが、突然母親らしき方が

「で、土地はあるんですか?ないんですか?ないなら他に行くから帰ります!」

と、怒りはじめてビックリ。

こちらとしても探すために必要な情報とかありますし、たぶんどこの不動産屋に行っても同じことを聞かれると思うんだけど・・・。それにその予算じゃ買った土地に家を建てるにはギリギリもしくは不足するだろうし、諸費用を考えたら厳しいかなと思い、「ご紹介することはできますが、ご予算的には建売住宅を探した方がいいかもしれません」と伝えました。

すると「もういいです!帰ります!」と睨まれた挙句、「これは返してください!」と私の手にあった受付カードを引ったくっていきました。

勤続年数とか聞いちゃ不味かったとか? いや、これは聞かなきゃしょうがないし・・・。建売り勧めたから? でも、それは怒り始めた後だし・・・。イケメンじゃなかったからとか? あ、それか!?(マテ

何が原因で怒らせてしまったのか分からないので、今後の対策もできずにおります・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする