不動産業界の闇

なんか仰々しいタイトルですが、なんてことはない両手取引の事です。

これって売主様からしたら、まったくメリットがないことですが、レインズ見ても当たり前のように「広告転載区分:不可」の物件ばかり並んでます。

両手取引がしたいのは分かります。物件によっては他の業者に客付けしてもらう必要がないくらいスピーディーに決まるようなこともあるでしょう。

でも、何か月も売れずにいるのに広告不可とか、それって売主様に申し訳ないと思わないんでしょうか?

で、最終的には「この価格じゃ厳しいので値下げを・・・」って、それ人としてどうなんでしょうね。

広告可にして、たくさんの業者が宣伝して、それでも売れないので値下げというのはわかりますが、他社には触らせず自社のみで宣伝して売れずにいて「値下げしましょう」とか、悪徳不動産もいいとこですよ。

両手取引を禁止すべきとまではいいませんが、広告転載に関してはすべて可にすべきです。自分が売主の立場なら絶対に広告可にしてくださいといいます。

うちが新設した会社だからというのも確かにありますが、売主様の立場で考えても同じことがいえるはずです。

それに広告転載が可であろうが不可であろうが、客付けされたら「NO」とは言えないのが原則なはずです。

で、あれば広告不可にする必要性がありません。「勝手に広告出されて何かあったら・・云々」という事をおっしゃる方もいるようですが、客付け会社が出稿した広告の違反についての責任は物元におよびませんから、管理をする必要はありません。それは単なる詭弁です。

まだ居住中で近隣の人たちに知られたくないから広告不可ってのはわかりますけど、現況が空家になってる物件で近隣の人たちに云々とか意味不明ですよね。どちらにせよ購入者が住み始めたら、持ち主が変わったことは周知のこととなるんですから、現況空家で「知られたくない」とか普通にないです。

私は両手取引ってのは利益相反行為だと思ってますので、積極的にやるつもりはありません。売却依頼が来てもすぐレインズに載せますし、もちろん広告は可にします。売主様側なら少しでも高く売れるようにしたいですし、買主様側の仲介なら少しでも安く買えるように値引き交渉頑張りたいですから。

っていうか、ほかの業種ならこんなこと当たり前だと思うんですけどね(苦笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする