ちょっとした工夫で激変

以前、ヒアリングシートを埋めて頂けなくて、いろいろ質問したら母親らしき人がキレたということがありました。

具体的に何がその方の琴線に触れたのかはわかりませんが、同じ轍を踏むのは嫌なので、こちらから口頭で質問しなくても済むように、ちゃんとヒアリングシートを埋めてもらう方法を考えました。

実際その後もヒアリングシートをあまり埋めてくれないお客さんは多かったですしね。

必須項目を設けようかとも思ったんですが、どうしても教えたくない情報が必須項目になっていたら嫌な気分になるでしょうから、この案は不採用に。

そんなこんなでどうにかならんものかと無い頭を使って考えた結果、「必ず書いて欲しい部分は、必須項目であるかのように黄色のラインを引く」ことにしました。

すると、驚いたことにそれ以降は、ほとんどのお客さんが黄色ラインの部分だけは埋めてくれるようになったんです。いやホントこれにはビックリ。

今は「もしご面倒なようでしたら、黄色の線のところだけで結構ですのでお願いします」と声をかけるようにしてます。

もし同じ悩みをお持ちの方がいましたら、ぜひ試してみてください。きっと効果があるはずですので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする